トリは。そう。雨パレ。

5週に渡りお送りした「1969 RECORDS」内コンテンツ「SUMMER MUSIC LOOKBOOK」。
いよいよ大トリと迎えました。はい。雨のパレードです。

f:id:hynm_yoshitaro:20160629121521j:plain

雨パレとのお付き合いは、昨年の展示会。
実は会場でライブを披露してくれたんです。
そんなこんなでGAPとは、何かと縁の深いバンドです。

今回、本施策の為に書き上げてくれた新たな楽曲はズバり「1969」
彼らなりの解釈により、GAPの創業の年である1969年を歌い上げてくれています。
正直、初めて歌詞を見た時は涙が出そうになりました。

映像も非の打ち所無し。
モノクロームで表現する、デニムファブリックは、有る意味、カラーよりも奥深く感じ、差し込む日差しと心地よい風、水、緑、土などが織りなす自然美と、蛍光灯やストロボ、コンクリートなどのインダストリアルな要素が絶妙に混ざり合った映像は、しっかりと「1969」を想起させつつも、同時にモダンな印象を与え、新たな世代、若きパワーを印象付けます。

ボーカルの福永くんのTWEETを勝手に添付。

f:id:hynm_yoshitaro:20160629121725p:plain

こうして、僕らからの唯一のお題、「1969」というキーワードを真摯に考え、
僕らの想像を遥かに超える最高の形に仕上げてくれる雨パレの皆さんには、本当に脱帽です。

下に、YOUTUBE埋め込んでいますので、是非一度拝見してみて下さい。

そして、あっという間に幕を閉じた「SUMMER MUSIC LOOKBOOK」ですが、コレはほんの第一章に過ぎません。
まだまだ本丸の「1969 RECORDS」は終わりません。
続編となる新たな音楽コンテンツも絶賛、準備真っ只中、PRチームは陽気に進行中です。
こちら情報は、来週のお楽しみ。
フイナムからのアナウンスを、しばしお待を!

吉太郎

 

www.youtube.com